お知らせ・ブログ 個別記事

 

富山の建築歴史


 

久しぶりの投稿になります。

中村です。

昭和7年に建設された
旧大和、11年に架橋の富山大橋(連隊橋)とともに使命を
終えた戦災にも耐えた堅固さは周知の通りです。

市民生活にも大いに貢献してくれ、姿を消していくことに
一抹の寂しさを感じます。

ビル建築では大空襲にも焼け残り今も偉容誇示するのは県庁と電気ビルのみになりました。

県庁も電気ビルも威風堂々とした存在感があり、

昭和初期の堅固で貴重な建物は県民の誇るべき資産であります。

 

末長く歴史を語る富山の建築物として存在してほしいものです。

中村 正樹