ナカムラの歴史

 

初代修行時代

初代・正由は戦前、八尾町の宮大工・邑田軍治さんのもとに弟子入りし、大工としての腕を磨きました。

初代独立

昭和25年、八尾町青根において独立するも、まだ当時は、住宅ローン制度などありません。家は資金ができると少しずつ建て、親子3代かけてようやく仕上げるという時代。大工の仕事は決して多くなく、建設会社から請け負った橋架けの仕事や農業も行っていました。

2代目入社~代替わり

昭和34年頃になると、木を切り出す仕事などに就いていた2代目・潔が入社。初代も含めた職人達の技を見て覚え、作業の合間の休憩中もノミやカンナ研ぎを欠かさないなど、努力を続けました。代替わりの際には、社名を「中村建築工業」としました。

婦中町に移転

昭和45年、婦中町で1軒の住宅を手がけることになったのを機に、作業所を同町に建設。当初はまだ農業も続けていましたが、仕事は少しずつ増えていきました。営業スタッフはいませんから、ご近所やお客様からの紹介が中心。とてもありがたい気持ちでした。

法人化 有限会社ナカムラが誕生

平成3年には法人化し、「有限会社ナカムラ」に。平成4年には、製材・加工のための自社工場も完成しました。八尾にいた頃は、切り出した木を刻む様子なども見ており、大変興味を持っていましたので、木の見極めにも問題はありませんでした。工場ができたことで、住宅メーカーのようにパターン化することなく、いろいろな材料が思うように作れ、すぐ挽いてすぐ使えるというメリットも生まれました。 やがて、大学で建築を学び、設計事務所などで働いていた3代目・満が入社。営業・設計・積算・アフターフォローまで、幅広く受け持つようになりました。

お客様に育てていただいた会社

これまで、「お客様に喜んでもらいたい」との想いひとつで、一生懸命、真面目に家づくりに取り組んできました。同じお客様の家を2度建てたり、親子3代の家をすべて手がけたりと、お客様に育てていただいた会社とも言えると思います。

これからも、初代から続く変わらぬ想いと職人技で、励んでまいります。