お知らせ・ブログ 個別記事

 

近代建築


最近の建築業界は、次々と新しい工法、材料が開発されています。

一つ一つを見れば、性能も良く、素晴らしいものである事には違いないとは思いますが・・・。

太平洋側気候と日本海側気候、山と平地、雪はどうか?湿気は多いか?
いろんな事が重なって、想像もつかない事が起こる場合も無きにしも非ず。 

この情報化社会の中で、皆様もいろいろ見たり調べたりする事が出来ると思いますが、私たちナカムラは、富山の地域・気候に合ったものを提供していきたいと思っています。 

最近、住友ゴムの「MIRAIE」と言う制震ダンパーに興味があって資料を取り寄せました。
低価格で、繰り返しの余震にも効果があるようです。
耐力壁として構造用合板を使う事が多いですが、湿気の多い富山では、結露等で腐りがあった場合、著しく強度が下がります。
30年・50年・100年と長い間住み続けて行くのに、それを合板に頼ると言うのも・・・

見えない所の安心と言うのもありかな。

                        高杉